新元号発表

初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す

これは日本に現存する最古の歌集である万葉集からの一文です。

国書に由来する初めての元号となる令和。

音の響きも爽やかで国民の反応も好感触であったと思います。

令和の時代の幕開け。

希望に満ち溢れた明るい時代となることを切に願います。